初デートで安食堂に連れて行かれたら二度目のデートはありか?

女性が初デートで連れて行かれるお店にこだわる理由

付き合う前の初デートはどこにするのか?男性にとっては神経を使うところです。
付き合う前の初デートで、男性がどこに連れていってくれるのか?女性にとっても大いに気になるところです。

大いに気になるところでしょうが、ここでは初デートのお店の選び方や選ぶときの注意点などは語りません。その類の記事はたくさん出回っていますので、そちらを参考にしてください。

初デートで連れて行かれたお店が安食堂で、しかも割り勘だったという私の女友達と、その彼女を取り巻く彼女の女友達を観察した結果、初デートのお店の選び方や、誰が支払うのかに神経を使うことは、時間の無駄かもしれないというお話しをしたいと思います。

女性は高級店であればあるほど大切にされていると感じる

婚約指輪のカラット数が大きければ大きいほど、女性は「愛されている!」と思うのと同様に、付き合う前のデートも、連れて行ってもらうレストランのランクが上であればあるほど、「本気かも」と判断したくなります。そして実際、婚約指輪の大きさも、レストランの高級度も、愛や本気度に比例しているところはあります。確かにあります。

でも、それだけで相手の愛や真剣度(これから育つ愛)を測ろうとすると、大きなものを失うかもしれません。

女性が女友達に見せたいのは「愛されてる私」

そもそも、女性はどうして高額な婚約指輪を欲しがり、どうして高級レストランにこだわるのでしょうか?

「愛されていることを感じたい」これが一番大きな理由かもしれません。でも、もう一つ忘れてならないのは「愛されていることを周りに知らせたい・見てもらいたい」というエゴでしょう。「指輪の大きさやレストランのランクで、女友達に笑われたくない、バカにされたくない」という評価を気にする心もあるのではないでしょうか。

安くて美味しいお店はいっぱいあります。指輪も同様です。だけど、それでは友達に堂々と見せられないし、話せないから、高額な指輪、高級なレストランにしてもらわないと困る、というのが、高額な婚約指輪、高級レストランにこだわる理由かもしれません。

相手の言動にいちいち反応しないで受け入れるてみる

今からお話しすることは、私の年下の友人に実際に起きたことです。彼女は、どんな時も「ふ〜ん、そうなんだ」と、ただそう思うだけで、「なぜ?どうして?」を彼に求めませんでした。

私は密かに彼女のことをシンデレラと呼んでいます。なぜかというのは、この記事を最後まで読んでいただければわかります。

安食堂で割り勘の初デートを受け入れてみる

私の年下の友人Emikoさんは、あるマッチングアプリでオーストラリアの男性と出会いました。何度かメッセージのやり取りをしたのちに初デートとなったんですが、その時に連れて行かれたのが安食堂です。店内は全くおしゃれさがなく、ただ安くて美味しい、というだけのお店でした。彼も30代、彼女も30代。たしかに30代のカップルが初デートで行くお店ではないかもしれません。

この初デートのことを1週間後くらいに報告してくれたEmikoさんでしたが、女友達に初デートの話をしたら、女友達全員から「そんな男、やめときなさい!」と言われたそうです。そもそも初デートでいいお店に連れて行ってくれない男にろくな男はいない、というのが女友達たちの意見だったとのこと。

私はそれを面白がって聞いていましたが、Emikoさんが最後に、「あ、それからそのときの食事は割り勘でした」というのを聞いたとき、流石に私も、え!とは思いました。 笑

その後もずっと、割り勘が続いたそうです。
彼女は「ふ〜ん、そうなんだね」と思い、毎回のデートを楽しんだそうです。

週に一度しか連絡をくれない彼を受け入れてみる

日曜日のデートが終わると、次に彼から連絡が入るのは水曜日か木曜日。「今度の日曜日、どこに行こうか?」そんな簡単なメッセージだったそうですが、それ以外は一切メッセージがなかったらしいんです。

彼女は「ふ〜ん、そうなんだね」と思い、平日は自分のやりたいことをして過ごしたそうです。

3ヶ月経っても友達のまま、を受け入れてみる

毎週日曜日にデートを重ね、出会ってから3ヶ月経ったとき、Emikoさんは彼に聞いたそうです。「私って、ガールフレンド?」と。すると彼から「ううん(NOの意味)友達だよ。」と言われたそうです。

普通はここでメゲますが、彼女は、「ふ〜ん、そうなんだ。友達なんだね私たち。」と思い、それからも楽しく日曜日のデートを続けたそうです。

ところが、周りにいた女友達たちはそれを許しません。友達たちからは「3ヶ月経っても友達だなんて、そんな男、別れなさいよ。時間の無駄よ。」と言われたそうです。

見栄を捨て、周りの雑音を消すと見えてくる恋愛関係の真実

女友達に二人の愛を証明する必要はない

Emikoさんは、最初の頃は女友達の意見を聞いて、不安になったり、焦ったりしたそうです。ところがあるとき、女友達の忠告を聞くのをやめて、彼と自分が楽しいのかどうなのか、だけに集中するようにしたら、そこからの日々が充実し、安心し、楽しいものに変わったと言います。

周りの友人たちに彼の愛を証明する必要なんてない、あなたが愛を感じることができれば、それでいい、ということです。

ちなみに、ずっとEmikoさんに「そんな男やめときなさいよ」と忠告していたお友達の方達、今どうしているんでしょうね?

彼の本質は時間をかけて見極める

先日、Emikoさんの彼と初めてお会いしました。私の夫も一緒でしたので、ダブルデートになりましたが、会った瞬間、「めっちゃ感じいい!」と思える青年で、そこから2時間半、あっという間のお茶タイムでしたが、彼が席を立った瞬間、夫と私はEmikoさんに顔を近づけ「素敵だね!!やったね〜!!」と叫びました。

それほどに、顔もいいし、性格もいいし、知識も豊富で、会話も楽しいし、ビジネスもうまく言ってるし、Emikoさんのことをとっても気遣っているのが伝わってくるしで、文句のつけようがない彼でした。

安食堂で割り勘したわけがわかりました。彼は、何も飾らない、素の自分を見てくれる女性を探していたんです。

オーストラリア国際カップルになった女性を迎えてミートアップ

オーストラリアの国際結婚相談所オズマッチでは、月に一度、オンラインでミートアップ(オンライン勉強会とオンラインお茶会をかねたようなもの)を開催しています。

世界のどこからでも参加できて、参加できない人のためには後日動画も配信していますので、後から何度でも見直すことができるんですが、4月のミートアップは、私の友人Emikoさん(シンデレラ)をゲストにお呼びしました。

周りの意見に振り回されず、自分の目で見て、心で感じることの大切さ
デートの場所にこだわらず、そこで何を語り、何をシェアできたかを楽しむ

そのことの大切さを、じっくりと語っていただこうと思います。

オズマッチの女性会員限定のミートアップ、どんな勉強会(座談会)になるのか、とっても楽しみです。

国際結婚したい女性を対象に開催するオンラインミートアップ。参加されたい方は、まずは無料会員登録をしてくださいね。

【オーストラリアの結婚相談所 無料会員登録はこちらをクリック】

関連記事

  1. 国際婚活お役立ち動画一覧

  2. オンラインでお見合いができる国際結婚相談所

  3. シングルマザーの婚活を難しくしている本質は何?

  4. 日豪国際結婚のメリットデメリット 違いを笑えるゆとりが生まれ…

  5. 日豪国際結婚のメリットデメリット 個人スペースの拡張

  6. オーストラリアの婚活パーティーに必須の異性を惹きつける60秒…