オーストラリア国際結婚相談所 新たに成婚カップル誕生!

オーストラリアの結婚相談が主催する婚活イベントで出会った二人

今から1週間ほど前ですが、日本人女性と真剣交際を始めて10ヶ月になるオーストラリア男性会員さんから、「ミサオ、3人で話がしたいんだ。時間を作ってもらえるかな。」というリクエストがありました。

真剣交際に入っているカップルさんが、カップル二人で私とお話したいとおしゃる時は、成婚のご報告というのがほとんどです。ですから、いよいよかな〜、と思いながらコンサル日を迎えました。

オーストラリア在住の男性会員さん、日本在住の女性会員さん、オーストラリア在住の婚活アドバイザーである私。この3人が一堂に会することができるのは、オンラインの会議室です。インターネット、そしてオンライン会議イステムズーム。国際婚活に、この二つは欠かせません。

さて、スクリーン越しに久しぶりに見るお二人のお顔は晴れやかで、穏やかで、二人の交際が安定していることが一瞬で伝わってきました。オーストラリアの男性会員さんを「ボブさん」、日本の女性会員さんを「すみれさん」とお呼びすることにしましょう。もちろん実名ではありません。

ボブさんとすみれさんお二人が出会ったのは、私が代表を務めるオーストラリアの国際結婚相談所オズマッチが主催する、日豪婚活イベント・オンラインスピードデーティングでした。

オズマッチには、世界中から会員さんが集まっていますので、現地集合型のイベントというのは開催していません。全てがバーチャル。オンラインです。

土曜日と日曜日の2日に分けて、土曜日は年齢25歳から39歳までの人たちが対象となり、翌日の日曜日は40歳以上の人たちが対象、という風に分けてあります。

でも、実際には20代の女性が日曜日のイベントに参加することもありますし、40代の女性が土曜日のイベントに参加することもあり、年齢枠はあまり厳密に制限をかけていません。だって、出会いって本当に予測が立たないからです。

20代の日本女性と40代のオーストラリア男性がマッチングすることもありますし、30代のオーストラリア男性と40代の日本女性がマッチングすることもあります。

オーストラリア男性の潔い決断が決め手になった

オズマッチの婚活イベント・スピードデーティングは、オーストラリア(在住)男性10名、日本女性10名の、総勢20名が集まって、5分ごとに一人一人の異性と会話をするという、日本にもよくある婚活パーティー、婚活イベントですが、日本の婚活パーティーと異なるのは、会話が全て英語で行われる、という点でしょう。

初対面の人とでも問題なくすぐに楽しく会話ができる、という社交的な人であっても、英語で会話となると、様子が異なります。ですからどの女性メンバーさんも「緊張します!」とおっしゃいますが、イベント終了後には必ず「楽しかったです!また参加させてくださ〜い」となるのが、オズマッチの婚活イベントです。

オーストラリアの婚活イベントに参加した人たちのレビューをご覧ください。

さて、婚活イベントが終了すると、参加者の方全員に「もう一度、会いたい(会話をしたい)人」の名前を書いて、オズマッチにご報告していただくことになっています。そして、何人の名前を書いていただいてもいいことになってます。

一人に絞らず、窓口は大きく広げておきましょうね、というのがオズマッチの方針だからです。ですから、参加者の皆さんは、3名とか4名とか、異性の名前をかいてオズマッチに送ってきてくださいます。人によっては、「私のことをいいと言ってくれる人なら、誰でも!」という方もいらっしゃいます。

さて、ボブさんと、すみれさんですが、このときボブさんは、すみれさんの名前だけを書いて送ってきました。

これはとってもリスキーなやり方です。というのも、お相手が自分の名前を書いてくれていなければ、誰ともマッチングしなかったということになり、誰ともお見合いに繋がらないからです。イベントに参加した意味がないとは言いませんが、もったいない使い方ではあります。

でも、この時のボブさんにとっては、もう一度会ってみたいと思えたのはすみれさんだけで、それ以外の選択はありません、なくてもいいです、という決意の表れだったんです。潔いですよね。

さて、気になるのは、すみれさんはボブさんのことをどう思ったのか?です。私もドキドキしながらSさんからのご報告を待ちました。
すると、すみれさんからの「もう一度、会いたい人」に、ボブさんの名前が挙がっていたんです。

二人はめでたくマッチングとなり、イベントから1週間後に、今度は「お見合い」という形で、二人だけで話す機会を得ることになりました。

お見合いから10日で真剣交際に入った国際カップル

通常、結婚相談所でお見合いをすると、そこから交際と呼ばれる段階に入り、そこからもっと進展して真剣交際と呼ばれる段階に入ります。

交際と呼ばれる段階は、「交際」と名前はついていても、実際はお見合いの延長線みたいなもので、お互いのことを知る期間です。愛とか、恋とか、ときめきなど、この段階で既に感じる人もいるでしょうが、感じなくても当たり前、そんな段階です。

交際から真剣交際に入るまで、数週間から数ヶ月がかかります。ただしこれは、二人が国内や同市内で、週に一度はデートできる、そんな状況にいる場合です。

国際間の交際の場合、お見合いしてから実際に会うまでに数ヶ月はかかります。そしてこのコロナ禍においては、国境が閉ざされたままですから、一年以上は会えない、ということも予想されます。

オンラインだけで繋がっている国際カップルの場合、交際から真剣交際に入るには、相当な時間がかかると予想されますが、ボブさんとすみれさんは、お見合いから、わずか10日で真剣交際宣言をされました。

事前にボブさんからは「Exclusive Couple(真剣交際カップル)になりたいと、彼女に伝えるつもりだ」と、報告は受けていましたが、正直、「う〜ん、どうだろう・・・さすがに10日というのは早すぎないか?」と、思った私です。

というのも、すみれさんは、オズマッチに入会されてから、まだ誰ともお見合いをしておらず、ボブさんが初めてのお見合い相手だったからです。本当は、まだまだ他の人にも会ってみたいのが本音じゃないかしら?と気になりました。

ところが、すみれさんは、ボブさんの言葉に「はい」と即答されたんです。

彼の条件ではなく、心のつながりを重視した彼女

私がボブさんとすみれさんのお二人を見ていて、見事だな〜と感心するのは、二人が心からお互いを尊敬し、信頼しあっていることです。

ボブさんは、とても大らかで堂々としていて、コミュニケーション力も長けていて、友達や家族を大切にする、ある意味、女性にとっては理想の男性です。
現に、婚活イベートでは、参加女性全員一致で、人気ナンバーワンの男性に選ばれました。

ところが、履歴書だけを見ると、ハイスペックな男性を求める女性の目には、素敵には写らないんです。すみれさんがオズマッチに報告してくれた理想の男性の条件からも、大きく外れているボブさんでした。

ここなんです、10ヶ月前のお二人の出会いを思い出し、今も感動するのは。

すみれさんは、掲げていた理想の条件(学歴、収入、婚姻歴など)をスパッと切り捨て、ボブさんの人間としての魅力を見つめました。
ボブさんは、自分よりはるかに学歴の高いすみれさんを敬遠するどころか、堂々と今の自分で勝負をしました。

学歴や年収にばかりこだわって、最高の相手かもしれない男性を見逃している女性には、すみれさんの、真の魅力の見極め力を学んでほしいなと思います。

自分より学歴や収入の高い女性を恐れ、最高の相手もかもしれない女性を見逃している男性には、ボブさんの、これまでいきてきた人生をほくれる自己肯定感を学んでほしいなと思います。

引き寄せられてやってくるオーストラリアの国際結婚相談所オズマッチ

オーストラリアの国際結婚相談所オズマッチの成婚カップルさんには、面白い共通点があります。

それは、二人の入会日がほぼ同じ時期だということ。ボブさんとすみれさんの場合も、入会日は5日しか違いません。このことを先日お二人にお伝えしたら、お二人ともとっても驚いていらっしゃいました。

成婚するお二人というのは、まるで二人で申し合わせたかのように、ある日突然オズマッチにやってくる、そんな風に思えてしまうんです。

ネットで検索しても、全く上位に上がってこないオズマッチを、なぜか見つけ、なぜか興味を持ち、そして、なぜか入会までしてしまう二人。しかも同じ時期に。不思議ですよね。

ボブさんとすみれさんの交際が始まったばかりの頃、すみれさんがこんなメッセージを送ってくれました。
「きのう、彼といろいろなお話をしましたが、その中でみさおさんのお話にもなりました。 みさおさんだからオズマッチに登録した、というのが共通点でした!」

そして先日も、成婚のご報告をしてくださったすみれさんから、こんなメッセージをいただきました。
「みさおさんとオズマッチに出会えたことに感謝しています。オズマッチを作ってくださってありがとうございます!」

オズマッチは、ここにいるだけでいいんだなあ、と思うことがあります。出会うべく二人が、なぜかオズマッチを見つけ、オズマッチをプラットフォームとして、出会うべくタイミングで出会ってくれる。オズマッチのカップルさんは、そんなカップルさんばかりです。

関連記事

  1. 海外の婚活マッチングアプリ2021年は結果が出にくい理由

  2. 結婚相談所の会員に共通した悩み

  3. 日豪国際結婚のメリットデメリット 個人スペースの拡張

  4. 国際間の遠距離交際 相手のことをもっと知りたい時はどうする?…

  5. シングルマザーの婚活を難しくしている本質は何?

  6. オーストラリア婚活イベント 日豪婚活パーティーのレビューが高…