Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

運命の人を見分ける方法

運命の人ってどんな人?

”運命の人”という表現がありますね。

”運命の人”とは、どんな人のことを言うのでしょうか?
独身の頃の私にはわかりませんでした。

「出会えばわかる」と言われたことがありますが、経験のない私に本当にわかるんだろうか?見過ごさないだろうか?と思ったものです。

恋愛も運命の人との出会いも、頭で理解しようとしてもできるものではないようです。
経験するまで、その意味はわからないかもしれません。

出会えばわかる運命の人

でも、「出会えばわかる」は本当でした。
私の場合は、魂が喜んだんです。

今だから言いますが、魂などという言葉をそれまで使ったこともなければ、感じたこともありません。ところが、亡くなった両親の写真の前で新しい彼(現在の夫)のことを報告している時、「魂が喜んでる感じ」とそんな言葉が私の口から飛び出したんです。自分で自分の言葉に驚きました。

魂が喜んでるって、どういうこと??

どういうことも、こういうこともありません。彼と会っている時の私は、魂が喜んでいる、としか言いようがないのです。その魂が、どこに存在しているのかもよくわかっていないのに、です。

どんなに好きでも3時間が限度

私は若い頃から、どんなに好きな異性といても3時間が限界で、それ以上一緒にいると苦痛を感じる人間でした。飽きてしまうんです。早く一人になりたいと思ってしまうんです。

自分らしく振舞っていなかったのかもしれません。だから疲れて、早く一人になりたいと思ったのかもしれません。とにかく、数時間すると帰りたがる私に、ボーイフレンドたちは悲しそうな顔をしたものです。

そんな私でしたから、新しい彼(現在の夫)から3泊4日のホリデーに出かけようと誘われた時、正直とっても困りました。迷ったのではなく、困ったんです。

迷うというのは、行こうか行くまいかと決められない時です。私の場合は行くという選択肢は全くありません。だって、3時間で家に帰りたくなる私が、24時間連続一緒を4日も続けるなんてありえない話だからです。

どんな断り方をしたら気まずくならずに済むだろ、そればかりを考えました。

運命の人とは4日間休みなく会話が続く

どうして断らなかったのか、今では記憶にありません。記憶にあるのは、4日間彼といて、一時たりとも”飽き”を感じなかったことです。家族以外の人間と24時間以上一緒にいて、一人になりたい、帰りたい、飽きた、と感じなかったのは、私のそれまで人生で彼が初めてだったんです。恋人は欲しいけど、結婚はできないと思っていた私に、「私でも結婚できるかも!」と思わせてくれた嬉し懐かしい思い出です。

何をもって「運命の人」と定義づけるのか、私にはうまく表現できません。でも私流に言わせてもらうなら、「4日間一緒にいても会話が途切れない、一時たりとも飽きを感じない人」となるかもしれません。

そしてそれは結婚して10年経った今も変わりません。夫と暮らして10年になりますが、会話が続かないと感じたことも、”飽き”を感じたこともありません。熱しやすくて冷めやすい私にとって、10年ひとつのことを続けられた事って過去にひとつもないんですよ。この結婚以外には。

出会いは必然

たった一人のその人との出会いで
人生は彩りを取り戻し、輝きを放ちだすことがあります。

たった一人のその人との出会いで
どんよりと曇っていた空が
一瞬にして青空に変わることがあります。

まるでそれは偶然のように見えますが、出会いはいつも必然なのだと、出会った時に気づくでしょう。

そんな体験を、オズマッチを通してしてほしい
それが私の願いです。

【無料会員登録お申込みはこちらをクリックしてください】

関連記事

  1. 結婚相談所の会員に共通した悩み

  2. オーストラリアと日本でネット婚活からリアルなお見合いまで経験…

  3. オンラインでお見合いができる国際結婚相談所

  4. 日本人50代女性が海外オーストラリアでモテる理由は体型にあり…

  5. 国際結婚相談所の会員ご紹介 夫にするならアジア人の男性がオス…

  6. 60代になっても恋人のような夫婦が存在するオーストラリア