年代によって海外の婚活の難易度は変わる

20代外国人男性の会員数は増えているのに、紹介できる20代女性がいない

オーストラリアの国際結婚相談所オズマッチでは、この1年で、20代男性の登録がぐんと増えました。「20代で結婚に真剣だなんて、本当?」と思われるかもしれませんが、彼らは本気の本気です。

今から2年前。当時26歳だった、長身で、とってもハンサムな若者が、オズマッチに問い合わせをしてきた時、冷やかしだろうと思って、私は相手にしませんでした。

ところが、オズマッチのフェイスブックの投稿にコメントを残してくれる。Youtubeチャンネルの動画にもコメントを残してくれる。オズマッチのブログにも投稿を残してくれるので、さすがに無視できず、ズームコンサルを受け付けたところ、本気の本気で日本人女性のパートナーを探していることを知ったんです。

彼は、オズマッチで年上の女性とお見合いをして、昨年、めでたくご成婚しています。

冒頭でお伝えしましたが、この1年で、20代男性の登録がぐんと増えました。そして、彼らはみな本気で結婚を考えているのだということも、今はよくわかっています。

ところが、そんな結婚に前向きなオーストラリア男性会員の数が増えれば増えるほど、私の悩みも増えるんです。

なぜか?

彼らに紹介できる20代の日本人女性がいないからです。

20代の女性にとって海外の婚活が難しのはなぜ?

国際結婚や海外移住に興味を持つ20代の女性は多いと思っています。30代になって突然、海外での婚活を考えるようなるわけではないはず。

なのに、なぜ、例えばオズマッチのような、オーストラリアの国際結婚相談所には、20代の女性会員が少ないのでしょうか?

オズマッチでは、女性会員の50%が30代の女性です。40代女性が30%ほど。20代と50代がぐっと少なく、60代の女性になると、全体のわずか1%にすぎません。

この理由は、オズマッチのマーケティングにあるのですが、それ以外に、女性側の生活事情が大いに関わっているように思います。

20代って、貯金が、ほぼありませんよね。社会人になって、お付き合いやおしゃれにかかる費用はかさむ一方、入ってくる収入はそれほど高くない。ましてや一人暮らしをしていたら、貯金する余裕なんてほぼゼロじゃないでしょうか。

海外の婚活にはお金かかかります。

マッチングアプリは無料で使えても、実際に海外まで会いに行ってデートするとなったら、デート代は軽く10万円を超えるでしょう。10万円以上かかるデートを、20代の女性が簡単にできるでしょうか?それでお相手が本気じゃなかったりしたら、とんでもなく高い出費になってしまいます。

オズマッチに入会される男性は、どの男性もパートナーを真剣に探している方ばかりですから、「相手が本気じゃなかった場合、とんでもなく高い出費になる」ようなことはありません。それでも、海外まで出向くデート費用は、20代のお財布にとっては負担が大きいのは確かです。

50代60代の女性にとって海外の婚活が難しいのはなぜ?

では50代や60代はどうかというと、時間もあってお金もあるんですが、別の難しさが生まれます。

ご両親の健康状態です。

お父様やお母様が、介護が必要な状況になっている。あるいは、お父様かお母様のどちらがが亡くなり、残された親を日本において、自分だけ海外に行っていいのだろうか?という厳しい選択を迫られる状況になっている。という、20代や30代の時には想像もしなかった、親の老いが、現実問題として目の前に迫っていることが多もいのです。

それでも、「親のことは確かに心配ですが、この人なら!と思える人に出会えたなら、海外へ飛んでいきます。」とおっしゃる方もいらっしゃいます。

そのお気持ちはとってもわかるのですが、たった一人の親をおいていくわけですから、その親をおいてでも飛んでいきたくなる「この人なら」のレベルは、グンと上がるでしょう。そして、そんなレベルの高い男性が、50代60代の男性の中に、どれほど残っているでしょうか?

国際結婚したいなら 30代40代で踏み切ること

だから伝えたいんです。国際結婚を夢見ている、海外で暮らすことを夢見ている人は、30代、40代のうちに、どんどん行動に移すといいですよ、と。

親御さんが元気なうちに、やりたいことやらせてもらって、「授けてもらったこの命を、精一杯生き抜いてます!」と、見せてあげてください。

50代、60代、70代前半のご両親ならば、娘が海外へ行くと決めても、それに対する許容量は、まだまだあるでしょう。娘の嫁いだ国へ遊びに行く元気もあるでしょう。

でも、80代、90代になったら、一人になる寂しさには耐えられないかもしれません。たとえ、どれほど娘の幸せを願っていたとしてもです。

50代60代になったら、国際結婚には大きな覚悟が必要

50代、60代になったら、海外の婚活は無理、と言っているのではありません。私はいつもお伝えしています。結婚は、幾つになっても大丈夫です、と。

ただし、大きな覚悟が必要になります。それは、年老いた親をおいてきた、という後悔というか、罪悪感のようなものとの向き合わなければならない、それを受けて立つ、という覚悟です。

これは、どの年齢で国際結婚しても同じことなんですが、親が元気な時は、親がさみしい思いをしてるかもなんて、あまり考えませんから、その分、気持ち的には随分と楽です。

海外の婚活には 20代、30代、40代、50代、60代、どの年代が適しているのか?

20代の時はお金がなくて、海外で婚活となると、親の助けが必要だったりします。

30代になると出産年齢が気になり始め、35歳までに!の期限付きの婚活に焦りまくります。

40代になると、お相手は50代男性となることもあり、50代男性と付き合うにはまだ気持ちが追いつかずに戸惑います。

50代になると子供も独立し、本来なら一番自由な年代のはずですが、女性としての自信がなくなってくる時です。

60代は、年老いた親をみながら、子としての責任を考える時となります。

どの年代で婚活を始めるのかは、あなた次第ということになりますが、どの年代にも、抱える悩みや責任はあるものです。いつが一番適している、ということはありません。この記事をたまたま読んだという方は、もしかしたら「今」がタイミングなのかもしれません。

コメントする

error: Content is protected !!