Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

国際カップル国際結婚の夢実現のために貯金から始めよう

国際結婚に向かない人

お金がない人は国際結婚に向かない

私はYoutubeにこんな動画をあげています。

この動画を見て、「ショックでした」という女性がかなりいらっしゃいました。その言葉の背後には、「お金がない人は国際結婚を諦めろっていうんですか?」という怒りも混じっていることも伝わってきました。

夢を叶えたい人を応援をするのが私の仕事ですから、その夢をくじくようなことはしません。

応援したいです。
応援したいから、「お金、貯めましょうね」って言ってるんです。

国際結婚は、文字通り「国際」です。国内じゃありません。
国際だから、日本を出て、海を渡ることになります。海を渡るには飛行機か船に乗ります。飛行機も船も、ただじゃありません。
それから、日帰りは無理ですから、どこかに泊まることになります。ホテルもバックパッカーも、お金を払わないと泊めてもらえないんです。

オーストラリアの男性と出会いたい、愛したい、愛してもらいたい、結婚したい

どうかあなたのその夢、叶えてください。
そして、叶えるために、具体的に行動してください。

具体的な行動の一つが、お金貯めるということです。

「お金がないから」夢を諦めている人

オズマッチの会員さんの中には「お金がないので、このまま無料会員でいいです。」とおっしゃる方がいらっしゃいます。

全く問題ありません。オズマッチ的には全く問題ありません。
でも、マックブライドみさおという個人から見ると、「は?」です。

そうやって、これまでも、そしてこれからも、夢諦めていくんだろうなあ、って寂しくなります。
でも、その会員さんにとっては国際結婚よりももっと大切にしたいものがある、ということなので、私が寂しく感じる必要もないのですけど。

全身で、全力で、国際結婚したい!! 日本じゃ嫌、嫌だぁ〜!!
と何年も思い続けていた自分とは違う熱量の会員さんとお話をしていると、「そっかぁ、日本でもいいんだぁ?」って拍子抜けしてしまう、私の悪い癖です。

ただね、もしも”お金がないことがやらないことの理由”なら、国際結婚や海外移住に限らず、「お金がないから」を理由に夢を諦める そういう人生は、そろそろ終わりにしませんか?

拒食症だって1千万円くらいは貯金できます

この記事を読んでくださっている方の中には、私が20年以上も拒食症で入退院を繰り返していたことをご存知の方もいらっしゃると思います。そうです。私は20年以上も拒食症だった過去があり、20代から30代終わりまで、入退院を9回ほど繰り返しています。

拒食症がどんな病気なのかはここでは詳しくお話ししませんが、拒食症というのは、精神面だけでなく、肉体面でもかなり深刻な状態になります。

つまり、働くには、かなりしんどい 状態です。
満員電車に揺られて、毎日会社に出勤するには、かなりしんどい 状態です。
肉体面でも、精神面でも、です。

その状態が20年以上も続いた私ですが、その間に私は2千万円近い貯金をしています。

2千万円と聞いて大きな金額だと思うかもしれませんが、20年もあれば貯められる金額です。
1年に100万円の貯金。1ヶ月に8万円ずつ貯金すれば、20年で貯まります。働いて得たお金を運用することを学べば、10年でもいいかもしれません。

私はお金の運用の仕方など当時は何も知りませんでしたから、入院する前日まで仕事をし、退院した翌日から仕事をするという、尋常じゃない働き方をしていました。体を全く労っていないおバカな行為ですよね。

仕事は二つ掛け持ちで、昼間は事務のアルバイト。夜は自宅で塾。遊ばない(遊べない)ので、働いたお金はそのまま郵便局で定期預金です。遊べない、友達いない、恋人いない、だから2千万近く貯められたんですが、考えてみたら、かなり寂しい貯金の仕方です。

それでも、そのお金があったから、私は44歳の時に勝負に出ることができたんです。自分に対して初めて行った、一世一代のプレゼントです。

何を言いたいかというと、どんな状態でも貯金しよう思えばできる、ってことです。

それに、国際結婚したいという夢を叶えるためには2千万円なんて金額は実際には必要じゃありません。飛行機代の往復と1年間の滞在費、学費、食費などを合わせて総額で200万円あればなんとか暮らせます。アルバイトをすれば、所持金100万円でも行けるかもしれません。

「お金がない」その口癖 やめましょう

私は先月、オーストラリアで催眠療法を受けました。
催眠療法って聞いて、どう思います?
ちょっと怪しい感じですよね。
怪しい感じで、しかも料金は高いです。

受けてみてわかったことなんですが、催眠療法が効くのではなく、その日から毎日聞くことになるオーディオにより、脳に新しいビリーフが根付く、と言うシステムなのだとわかりました。

要は、口癖を変える ってことです。

口癖というのは、あなたが心底信じていることがポロッと口からこぼれることですから、口癖を聞いていれば、その人が本当は何を信じているのかがわかります。

とにかく、毎日自分の脳にどんな言葉を届けるのか、これは気づいたら本当に怖いですよ。
言った通りのことが現実になりますから。

とうことは、「お金がない」を言ってると、どんなことが現実として目の前に起こるのか、もうわかりますよね。

国際結婚したい、海外移住したい、日本を飛び出したい、そう思っているなら、口癖から変える。
これも夢実現のための貴重な活動です。

婚活で成功したいあなた、まずは口癖を変えてみましょう。

どうですか? できそうですか?

ちなみに、私はお金のマントラ(アファメーションでもいいし、口癖といってもいいです)を自分で作って、この1ヶ月毎日唱えるようにしたら、お金の流れが完全に変わりました。口癖を変えるって、絶大な効果です。

「お金がない」を言うと恋も異性も結婚も逃げていく

最後に、オズマッチ会員さんに起きた実話をお話しします。

オズマッチの男性会員(オーストラリア人男性で、女性会員さんからたくさんのお見合い申し込みをいただいていた男性です)が、女性会員さんのお一人のことをとても気に入り、お見合いの申し込みをされました。

お相手の女性に早速そのことをお伝えしたところ、お相手の女性会員さんも「ぜひお願いします」ということになったんですが、オズマッチの料金をご説明したところ、「お金がないのでやめておきます」というお返事となったんです。
その方は学生として勉強もされていらっしゃり、色々と考えた末、学費以外のことにお金を使うことをやめておこうという結論を出されました。

*オズマッチの料金を決めている私から一言補足 オズマッチの料金、高くありませんから安心してください :)

彼女のお返事を男性にお伝えしたところ、「彼女が払わなければならない費用の全ては僕が全額払います。そう伝えてください」とおっしゃったんです。

なんとまあ、そんな申し出をしてくださる方もいらしゃるんですね。
この申し出を聞いたら、その女性会員さん、どんなに喜ばれることでしょう!

そこで私、男性会員さんに何て言ったと思います?
「やめておきましょう」 って言ったんです。

「お金を払わなくてもいいならお会いしますっていう人と、これから信頼関係作れると思いますか?」と尋ねました。するとその男性はハッとした表情になり、本当にその通りですね、とおっしゃいました。

それに、その女性会員さんはとても聡明な方で、礼儀も礼節もわきまえていらっしゃる方です。無料だからどうですか?と言われて、ではお願いします、というお返事をする方には思えなかったんです。

何れにしても、ご縁がなかったお二人だと思うのですが、「お金がない」を理由にすると、自分の知らないところでチャンスが逃げていくこともある、というお話です。

「お金がない」という口癖は、お金がない状態を生み続けます。

国際カップル、国際結婚、海外移住、海外留学、日本脱出、なんでもいいんですが、夢を叶えたいなら、まずその口癖から変えましょう。

お金が貯まるマントラ、いつかお教えしますね。:)

2019年のクリスマスを誰かと過ごすために

2019年が終わる前に、あなたにも、素敵な人との出会いが訪れますように。
今日もオーストラリアから応援しています。

【無料会員登録お申込みはこちらをクリックしてください】

『国際カップルを誕生させる海外ネット婚活90日集中講座』の詳細はこちらをご覧ください。

関連記事

  1. 結婚相談所の会員に共通した悩み

  2. 国際結婚相談所の会員ご紹介 夫にするならアジア人の男性がオス…

  3. 国際結婚の前に”結婚”について考えてみよう Part2

  4. オーストラリアと日本でネット婚活からリアルなお見合いまで経験…

  5. 国際婚活お役立ち動画一覧

  6. 日豪国際結婚のメリットデメリット 個人スペースの拡張